オススメのココナッツオイル、ココナッツ化粧品・健康食品なら「ココナ」




「COCONA ココナ」は、ココナッツオイル、ココナッツ石鹸、化粧品の通販サイトです。




ショッピングガイド 現在の商品数 0点
初めてのお客様へ



エキストラバージンココナッツオイル182g【ココナ】

【ココウェル】エキストラバージンココナッツオイル エクスペラー360g

ココナッツシュガー1kg【ココウェル】



ココアミノVCソープ

MSパーフェクトUVケア

オーガニック バージン ココナッツオイル

ココナッツオイルについて

トランス脂肪酸の含まれないのがココナッツオイル(油)の魅力


調理油(ゴマ油、オリーブオイル)にはトランス脂肪酸のが含まれており、調理温度(ゴマ油は130度以下、オリーブオイルは150度以下)によってその含有量も一気に増加します。ココナッツオイルは、飽和脂肪酸が多く含まれているので、190度の加熱まで安心して使えます。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、通常の油に含まれる脂肪酸よりも、エネルギー代謝がされやすいため、肥満の原因となる中性脂肪がつきづらく、体内に蓄積してしまった中性脂肪を減らす作用があるといわれています。

ココナッツオイルの特徴


ココナッツオイルは、耐熱、抗酸化、トランス脂肪酸・コレステロールゼロのオススメのバージンオイルです。

抗菌・抗酸化にラウリン酸が含有されているココナッツオイルに注目


ココナッツオイルには、ラウリン酸が豊富に含まれいます。抗菌・抗酸化作用が強いといわれています。飽和脂肪酸の豊富なココナッツオイルは、酸化しづらい性質をもっています。

ココナッツオイルはコレステロール値を下げる!?


ラウリン酸や飽和脂肪酸の豊富なココナッツオイルには、コレステロール値を下げることや、カンジダ菌の殺菌、免疫力を高めること、甲状腺機能低下症に対する改善作用効果、糖尿病予防、アルツハイマー・認知症予防の効果が期待されているといわれています。

女性の味方。便秘解消にもココナッツオイルがおすすめ


オイルが体に溜まった便を除去し腸の働きを整えてくれるため、ココナッツオイルには便秘解消の効能が期待されています。個人差があるので、様々なココナッツオイルを試してみるのがおすすめです。普段使用している食用オイルをココナッツオイルに変えたり、料理に混ぜて食べたりするだけなので簡単です。オリーブオイルよりも抗酸化作用があり、ビタミンEを豊富に含んでいるココナッツオイルの様々な効能をご紹介します。

ココナッツオイルの選び方(ココナッツオイルの種類)


ココナッツオイルは、バージンオイルを選びましょう。ココナッツオイルは大きく分けると、精製したココナッツオイルと未精製のヴァージンココナッツオイルの2種類があります。
自分に最適のココナッツオイルの選び方は、産地、ラウリン酸の含有量を中鎖脂肪酸の含有率などを基準に選ぶと良いです。食用にココナッツオイルを使用する方は、ココナッツオイルの瓶の内容量もしっかりチェックすると良いです。

夏に向けてダイエットしたい! ダイエットにもココナッツオイル


ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を沢山含むオイルのため、体に蓄積せず、すぐにエネルギーへ変換してくれるます。代謝をアップ効果も期待でき、体についた脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果があります。「?身オイル」と言われているのが「ココナッツオイル」が人気モデルや有名人に愛用されている理由かもしれません。ココナッツオイルを体内に摂取することで直接肝臓へ運ばれて吸収を促進させ、脂肪をエネルギーに効率よく変えてくれます。体内に余分な脂肪を蓄積しないためのダイエット効果やアンチエイジング効果があるといわれています。

ココナッツオイルどんな人におすすめ!?


ココナッツオイルはビタミンEを多く含み、抗酸化力が強く美肌効果や健康効果が期待できます。そんな万能のココナッツオイルは、こんな方におすすめです。もっと美しくなりたい方(美意識の高い方)、健康志向の高い方、いつまでも若々しくいたい方、免疫力を向上させたい方、ダイエットしたい方、体質改善したい方(便秘改善など)、物忘れが多くなってきた方、など。

妊娠線対策に活用?!グエネス・パウトローさんはココナッツオイルを。


妊娠線ケアには保湿クリームとともに、ココナッツオイルを使用する著名人もいます。肌への浸透効果が良いココナッツオイルを選ぶ際には、体に優しい天然のオイルがオススメです。※ココナッツオイルの効果には個人差があります。まれに、赤みやかゆみが出る方がいらっしゃいますので、肌への使用には事前にパッチテストを行うことをオススメします。

ココナッツオイルの噂されている効能


ダイエットや便秘、認知症の予防・改善までココナッツオイルには、様々な健康効果・効能が知られています。強い殺菌効果や免疫力を高める効果もあります。最新のトレンドに敏感な人気モデルにも愛用者は多いココナッツオイルは、使い方によって、ダイエットや?身にもおすすめといわれています。脂肪を燃焼させ、老廃物を外に出すという作用が期待されるので、体内からと美しさを作ることが可能です。

マッサージクリームとしてココナッツオイルが人気


マッサージやクリームとして使用している方も多いようです。
かくゆう著者も現在妊娠8カ月ですが、毎日お風呂上がりにエキストラヴァージンココナッツオイルを数滴手にとりお腹に塗っています。サラっとして、すぐに肌に浸透するので使い心地がとても良いです。
その他のオイルとして、入手しやすいものではオリーブオイルやホホバオイルも人気が高いです。

ココナッツオイルを愛用している有名人


海外セレブを中心にココナッツオイルブームが国内外で起こり大人気の万能オイルを使用している有名人。
①ミランダ・カーさん…毎日の美容法としてココナッツオイルも上手に活用。
②ジェニファー・アニストンさん…ココナッツオイルを使ったダイエットに挑戦中。
③アンジェリーナ・ジョリー…朝食時にスプーン1杯のココナッツオイルを摂る事が多い。

セレブの間で流行中。ココナッツオイルでオイルプリング


オイルプリングのやり方・・・ ①ココナッツオイルを口に一口含みます②15分くらいくちゅくちゅとすすぐ ③飲まずに吐き出す(オイルには細菌が含まれるので、ご注意を) 水で口をすすいで完了♪

ココナッツオイルのおすすめの使用方法
①朝起きたら老いるオイルプリング。②朝食時にスプーン1杯のココナッツオイルを摂る③ココナッツオイルを使用したレシピの朝食を。④寝る前にココナッツオイルを使って疲労した腕脚をマッサージする。保湿クリームの代わりとしてもココナッツオイルはオススメです。※パッチテストを必ず行ってから安全を確認した上でご使用ください。

ココナッツオイルの代表的な原産国
フィリピン、タイ、アメリカ、スリランカ、インドネシア、など。世界基準の安心・安全な有機認証も取得しているココナッツオイルも国内で販売されてきています。インターネット通販や販売サイトを活用して最適なココナッツオイルをご購入ください。COCONAは有機栽培された最高品質のエキストラバージンオーガニックココナッツオイル。

トランス脂肪酸の含まないオイルがココナッツオイル
人工的につくられる油に含まれているのがトランス脂肪酸。
肥満や悪玉コレステロールを増加させ、心臓病、糖尿病のリスクを高めるといわれているのがトランス脂肪酸です。天然のバージンココナッツオイルには、トランス脂肪酸は存在しませんので、人工油に代えてココナッツオイルを使用することをオススメします。トランス脂肪酸を作らない中鎖脂肪酸のココナッツオイルはカロリーも低くダイエットにも適しています。

長鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸のココナッツオイル


COCOCNAのバージンココナッツオイルは、約61%が「中鎖脂肪酸」です。「長鎖脂肪酸」から成り立っている一般的な食用油より、「消化吸収・代謝が早いため脂肪になりにくい!」といわれているのが、中鎖脂肪酸で成り立っているココナッツオイルです。ラウリン酸はココナッツオイルの中鎖脂肪酸の一種です。

ココナッツオイルの使用方法は大別して2つ


ココナッツオイルは、①食べる②美容に使用するミラクルオイルです。体質の合うエキストラヴァージンオイルにはいろんな効能があるといわれてます。
有機栽培された最高品質のオーガニックココナッツオイルは、COCONAがおすすめです。

ココナッツオイルには飽和脂肪酸が豊富に含有


飽和脂肪酸には長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸というものがあります。ココナッツオイルは、長鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸の特徴は、消化吸収が早く、便秘改善などの効果が期待できるミラクルオイルです。

頭皮や髪の悩みにもココナッツオイルが効果的?!


ココナッツオイルは、頭皮マッサージや、ヘアケアにも使用できます。頭皮マッサージにはリラックス効果、フケ防止や髪の乾燥防止が効果が期待でき、とても心地が良いと女性に評判です。抜け毛や薄毛の予防効果にもココナッツオイルがおすすめです。

ココナッツオイルを使用したヘアケア方法


①頭皮にすりこむようにマッサージする。②蒸しタオルで30分ほど包んで温める③パサつきや乾燥の目立つ方は毛先を重点的に、温めたオイルを塗る④紙を先発する。髪が柔らかく仕上がり完成♪

精製ココナッツオイルではなくヴァージンココナッツオイル


ヴァージンココナッツオイルは、ココナッツに添加物を一切加えず、無精製の非加熱処理によって抽出されたオイルです。ラウリン酸やビタミンEが豊富な中鎖脂肪酸オイルなので、ココナッツの効果を魅力を最大限引き出す事できるココナッツオイルです。

ココナッツオイルを食用での活用法


①飲み物に加える…コーヒー、紅茶、フルーツジュース、スムージーなど
②和え物や添え物に…お刺身やお造りに添えたり、キムチや納豆に混ぜる
③お米に加える…お米を炊くときに加える
④デザートに加える…ヨーグルトやケーキにちょい足しする。いちごと混ぜる。
⑤パンに塗る…食パンに塗る。蜂蜜やメープルシロップと混ぜる。
⑥そのまま食べる…ココナッツオイルそのまま摂取も出来ます
※身体に合わない人も稀にいるので必ず安全を確かめてから摂取してください。

酸化しにくいという性質をもつココナッツオイル


ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれています。オリーブオイルに含まれるオレイン酸に比べてココナッツオイルの不飽和脂肪酸・中鎖脂肪酸は酸化されにくい性質を持っています。そのため、常温でも1年?2年も酸化しないといわれており、安全に使用できます。抗酸化作用の期待されるココナッツオイルはアンチエイジングや美容の意識が高い方に愛用されています。

ココナッツは熱帯アジア原産のココヤシの実で、ココナッツの外側・内側・肉がそれぞれ別の働きをします。またココナッツの収穫時期によって、クーラオ、ココナス、クラウの三種類に分けられます。ココナッツは捨てるところがないといわれるほど様々なことに活用されます。ココナッツは、ペースト状にしたココナッツバター、天然のスポーツドリンクといわれるココナッツウォーター、花蜜から作るココナッツシュガーなど、ココナッツの加工食品は多岐にわたります。皆さんの生活にも是非ともココナッツ商品をとりいれてみてください。

ココナッツオイル コンテンツ






最近、食べ物でもお化粧品でも「オーガニック」という言葉を耳にしたり、目にする機会が多くなりましたよね。 でもオーガニックってなんとなく“自然派なんだ”とか、大雑把なイメージしかわかなかい人も多くいるのではないでしょうか。
オーガニックとは化学肥料や化学合成農薬を使わずに、有機肥料で土壌の持つ力を活かしながら栽培する農法のことを言います。 このような農法で栽培された農産物をオーガニック食品やオーガニックコスメ・化粧品です。

ハリウッドセレブたちが夢中な美のスーパーフードとして一躍人気になったココナッツオイル。 オーガニックココナッツオイルは、ダイエット効果はもちろん、髪や肌の保湿ケア、歯のホワイトニングなどの効果があると言われています。
ココナッツオイルには、ラウリン酸が豊富に含まれいます。抗菌・抗酸化作用が強いといわれています。 飽和脂肪酸の豊富なココナッツオイルは、酸化しづらい性質をもっています。

そして、中鎖脂肪酸含有率が高いという特徴から、消化が良く代謝され易いので、乳幼児や病人にも愛されるフードとしても注目されています。


オーガニックココナッツオイルについて詳しく見る



エキストラバージンココナッツオイル182g【ココナ】
1,944円(税込)


ココアミノVCソープ
8,640円(税込)


MSパーフェクトUVケア
8,640円(税込)




youtubeでココナッツオイルの動画を見る