様々な効能と美味しい理由




「COCONA ココナ」は、ココナッツオイル、ココナッツ石鹸、化粧品の通販サイトです。




ショッピングガイド 現在の商品数 0点
初めてのお客様へ



エキストラバージンココナッツオイル182g【ココナ】

【ココウェル】エキストラバージンココナッツオイル エクスペラー360g

ココナッツシュガー1kg【ココウェル】



ココアミノVCソープ

MSパーフェクトUVケア

オーガニック バージン ココナッツオイル
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という名前をよくセットで聞くと思います。どちらも脂肪酸の中に分類されているものですが、飽和脂肪酸は長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸、不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸などと細かく分類されていきます。
飽和脂肪酸には長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸というものがあります。ココナは、長鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸の特徴は、消化吸収が早いです。
トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸の二重結合の立体構造が互い違いになっているものの総称で、加工油脂中の脂肪酸が高温処理されることで生じる場合や水素添加による製造工程で生じます。
最近規制の対象にもなっているトランス脂肪酸。肥満や悪玉コレステロールを増加させ、心臓病、糖尿病のリスクを高めるといわれているのがトランス脂肪酸です。人工油に含まれているトランス脂肪酸はアメリカで現在問題になっています。トランス脂肪酸を作らない中鎖脂肪酸のオイルはカロリーも低くダイエットにも適しています。
中鎖脂肪酸は元々医療現場で利用されていました。消化器系の手術を行った患者には長鎖脂肪酸を含んだ食品を与えにくいです。そういった場合の栄養補給の役割を中鎖脂肪酸が行ってきました。エネルギーに変換されやすい中鎖脂肪酸は少量でも健康維持に必要な栄養素を取ることが出来ます。
ココナッツ化粧品・健康食品(ココナッツオイルなど)の「ココナ」 > COCONAのココナッツオイルがおいしい理由

COCONAのココナッツオイルがおいしい理由






ココナッツオイルの特徴 -ココナッツオイルは90%以上が飽和脂肪酸です-


ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多いため酸化安定性が高く、熱を加えても劣化がほとんどない体にやさしいオイルです。 また、中鎖脂肪酸の割合が高いため体内で燃焼しやすく、脂肪として体に溜まりにくい燃焼系ダイエットオイルとしても注目されています。
油脂の成分は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。飽和脂肪酸は分子構造が安定しているため、酸化に強く劣化が起こりにくいという特徴があります。
ココナッツオイルは、植物油の中で最も高い90%異常が飽和脂肪酸なので、非常に安定した劣化しにくいオイルなのです。


大切なエネルギー源!飽和脂肪酸




ココナッツオイルの特徴 -脂肪を燃焼する中鎖脂肪酸-


エキストラバージンココナッツオイルには天然の中鎖脂肪酸がたっぷり含まれています。
中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、紹介吸収が早いので脂肪になりにくい優れた脂肪酸で、燃焼時にすでについた脂肪も燃焼してくれることがわかっています。

ココナッツオイルの特徴 -消化吸収が4倍、代謝は10倍!だから脂肪になりにくい!-


オイル(脂肪)は体内に摂取すると、エネルギーとして燃焼されるか、中性脂肪として体内に蓄積されます。 一般の植物油に多く含まれる「長鎖脂肪酸」は、身体に吸収された後、リンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、分解・貯蔵しますが、「中鎖脂肪酸」は分子がより短いため近道をし、肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、効率よく分解・燃焼されます。
一般のオイルと比べてココナッツオイルが優れているのはこの「エネルギーとして燃焼」される効率がとても良い点です。長鎖脂肪酸と比べて消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。そのため欧米ではダイエット素材・健康素材として急速に普及しています。

エクストラヴァージンオイルココナについて




ココナッツオイルを利用したレシピ


エキストラバージンココナッツオイルは普段の炒め物や揚げ物、またバター、マーガリンの代替としてご利用いただけます。 洋食から中華・和食まで幅広くお使いいただけます。パンケーキやデザートなど、甘いココナッツの風味を活かした使い方も広がります。
ちょっとした隠し味に新たな発見が見つかるかもしれません。